中本誠司プロフィール
中本誠司(現代アーティスト)
1939年11月に鹿児島県屋久島に生まれる。
日本中を放浪し、画家になることを決意する。
1972年から、単身海外に放浪の旅に出る。
ソビエトをへて、ヨーロッパ、アフリカ、スペインにて滞在し、
多くの作品を制作する。
帰国後生涯のパートナーである大内光子さんとともに、仙台へ移住。

1976年には仙台に自分の作品の制作と発表の場として「中本誠司個人美術館」を
自ら制作し完成させる。

以後、日本、アメリカ、カナダ、スペインなどの多くの都市で個展、グループ展を開催する。
1996年5月に悪性脳腫瘍を発病し、4年にわたる闘病生活をおくる。
2000年4月逝去。
中本誠司略歴

1939年11月10日

鹿児島県屋久島に生まれる
1958年
東洋美術学校卒業
1968年
第一回個展
1970年
梅花亭ギャラリーにて個展
1972年
ソビエト・ヨーロッパ・アフリカへスペインにて制作
1976年
帰国後、スペイン風の個人美術館「我々の家」を仙台に完成
1976年
(自らのモニュメントとして制作、完成)
同年
アメリカ・メキシコへ
1980年
クリエーターズクラブを結成し各地で作品を発表
同年
「ミュージアム・コンサート」を企画
同年
「アートフェスティバル・イン・センダイ」を 山岸信郎、島本昭三氏と企画
1986年
ニューヨークにスタジオ 制作に当たる。
1986年
この間仙台、東京を中心に日本国内は勿論、ニューヨークを拠点に
1986年
アメリカ、カナダ等の各都市で個展を開催。
1986年
その他、美術展への 参加出品も多い。
1989年
県民アートギャラリーで個展
1991年
アートキャンプ川原子
1993年
河内桃子オンステージ舞台制作
1996年5月
悪性脳腫瘍を発病
1996年7月
宮城県立ガンセンターにて手術
1996年9月
退院
1997年5月
スペイン・セビリア市にて個展
1997年10月
ギャラリー物置小屋Uにて「中本誠司と仲間展」
1998年3月
真木・田村画廊にて個展
1999年3月
真木・田村画廊にて個展
1999年11月
宮城県立ガンセンターに再入院
2000年4月3日
逝去

     NPO法人中本誠司現代美術館
     〒981-0923 仙台市青葉区東勝山2-20-15 TEL・FAX 022-272-7100

Copyright (c)2012 NPO法人中本誠司現代美術館.All rights reserved.